シンガポールインターン奮闘記

10か月の北京大学交換留学を終えた後、シンガポールの日系飲食業界で2か月のインターンをしています。中国と比較して気づいた面白いことが多々あり、こちらに来てからブログを書く時間もでき、海外生活最後の二か月を文字で記録しておきたいという思いもあったことから、突然ブログを始めました!

"赤道直下の避暑地" シンガポール

 

シンガポールって死ぬほど暑いんじゃないの?大丈夫?生きてる?

 

たくさんの友人から心配されたし、私も来る前はそれを恐れていた。赤道直下に位置する常夏の国。四季がはっきりしている日本の東京育ちで、東京よりもさらに四季がはっきりしている北京からやってきた私には、さぞかし耐え難いのだろうと。

 

シンガポールは熱帯モンスーン気候に属していて、10月〜3月の雨季と4月〜9月の乾季に分かれている。雨季は雨が多いため気温が下がりそこそこ涼しいが、現在7月は乾季の真っ只中。雨が少なく空気が乾燥していて、日差しも強い。

実際シンガポールの雨温図をチェックしてみると、月平均気温のグラフは30度近くでほぼ水平を保っていて、破壊力抜群である。

f:id:korilakkuma123:20170716010250p:plain

図表:世界の天気&服装ナビ|地球の歩き方

ところが一週間暮らしてみると、それは杞憂だったことに気づく。

 

東京・北京、そしてここに来る前に毎日汗だくになりながら旅をした海南島・深圳・広州に比べると、シンガポール、な〜んだか暑くない。もしくは、暑く感じない。

 

ちなみに、シンガポール・東京・北京・広州の今日7月16日のお昼の天気と、今後三日の天気はこんな感じである。このようにシンガポールだけが劇的に暑いということはない。

 

f:id:korilakkuma123:20170716161330j:plainf:id:korilakkuma123:20170716161550j:plain

f:id:korilakkuma123:20170716161455j:plainf:id:korilakkuma123:20170716161241j:plain

 

ではなぜシンガポールは同様に暑くても他の都市ほど暑くないのか?

 

海沿いの都市であるところから涼しい潮風が吹くこと、乾季でもほぼ毎日降るスコールのおかげで気温が下がることも原因としてあるだろうけど、

私が最も感動したのは暑く感じさせない工夫がなされた都市計画にあった。

 

シンガポール政府は60年代からリー・クアンユー首相の元"The Garden City"をスローガンとして掲げ、ニュージーランドから緑化の専門家を呼び寄せたり、リー首相自ら植樹キャンペーンを始めたりするなど、建国以来一貫して緑化政策に力を入れてきた。その結果、現在シンガポールの都市公園は合計約33か所、約1650ヘクタールに、自然保護区は約2900ヘクタールに及ぶ。道路の間や両脇、さらには歩道橋の外側など、街のいたるところに植樹がしてある。

最近政府は新しく"The City in a Garden"という新しいヴィジョンのもと、都市空間だけでなく都市周辺部の緑化をさらに進める方針を打ち出した。「庭園の中の都市」って...シンガポールどうなっていくのか楽しみですね!

 

f:id:korilakkuma123:20170716172724j:plain

"ガーデンズバイザベイ"は近代的な高層ビルと緑が巧みに融合されていて、"The Garden City"のコンセプトを代表する観光スポット。

 

f:id:korilakkuma123:20170716165032j:plainf:id:korilakkuma123:20170716165312j:plain((f:id:korilakkuma123:20170716165148j:plain

三枚目の右側、歩道橋の外側が緑で覆われているのがお分りいただけるでしょうか?

 

建国当初から緑化を一貫して進めてきた背景には、200万の人口を抱えた小島を発展させるためには外資や観光客をひきつけなければならない、そこで緑化を進めて外国人が安心して訪問しビジネスや観光ができる国を作ろう、という目的があったそう。

 

緑に加えて、シンガポールは屋外でも屋根が多いのが特徴。だから暑い日に外を歩いていても緑や屋根のおかげでそれほど不快に感じることはなく、日差しも遮ることができるのです。万が一外出先でスコールが降った時も、あちこちにある木々や屋根の下で雨宿りができる。暑さも雨も防げるなんて、一石二鳥!

 

f:id:korilakkuma123:20170716171139j:plain

矢印の歩道橋とスーパー、どちらも屋根が付いている。

 

工夫を凝らした都市計画のおかげで、常夏の国ながらも快適に過ごせるシンガポールは、まさに赤道直下の避暑地

東京の残暑に参っている人にこそ、訪れて実際に体験してほしい!

 

ちなみにさっきの天気予報で、東京の体感温度は39.3度と出ていました...東京の皆さん熱中症には気をつけてお過ごしください。

シンガポールの都市建設については、緑化政策の他にも面白いテーマがいろいろあるので後々また深堀していきたいと思います!それではまた〜!